Suima's Racing Team

0.1秒の積み重ねが日々を作る

どうしてこうなった

どうも。

この記事は最近書いているパズドラ関係の記事ではございません。

いつものパズドラ記事だけを読みたい!、というひとはお帰りください。

若干鬱記事ですので、ご注意ください。

でわ、書いていきませう。

今日は、所属するクラブの定期演奏会ですた。

演奏会ってほんとに疲れるね。

うん。

他の舞台に乗るよりもずっと疲れる。

なんせ自分たちで全部のステージを組み立てて行くわけだから。

まあ、最後のステージなんかは、ちょっと足の感覚が無くなりながらの終演でした。

でも、いい思い出になると思う。

このあと、3年生を送り出す、ということと、新しい年度の始まりの決起集会もかねて、打ち上げをすることになりました。

近くのショッピングモールの中にある串屋物語でやりました。

最初の頃こそ、今日の反省なんかで、割合楽しく進みました。

しかし、事件は唐突に起こりました。

パートリーダーがこんなことを僕に聞いてきました。

こんな感じだったと思います。

先輩(以下「先」)「○○○さあ、自転車事故にあったことある?」

僕「あー、無いですけど、自転車事故にあった女の人を助けたことならありますよ」(ドヤッ

先「ほおー、その人にレシートに自分のメアド書いて渡した?」

僕「へえ?」

へえ?とか言ってますけど、思い当たる節しかなくて内心ちょっと焦りました。

まあ、このへんまでの話は周りにも言いふらしていたので、どこかで聞いたことを、肴にしようと目論んでるのかなー、と思っていました。

しかし、この話。

全部話すと、

その事故に遭った女の人を近くのダイエーに連れて行って、その自転車を修理して、それでメアドを交換して、その先では、一緒にパフェも食べに行った、という話

だったのです。

まあ、この話は俺の自慢話だしな、とことん自慢してやろうと思っていたのです。

しかし、そこでよからぬ質問がとんできます。

それがレシートの件なのです。

実はレシートの裏にメアドを書いた、という話は、言いふらすときにも、触れてはいるものの、スルーするような話し方で話したので、基本的に誰も知らないに等しい情報なのです。

そこで続きます。

僕「どこかで聞いたんですか?」

先「え?まあな。それでよ。この話、誰から聞いたと思う?」

みたいな感じだったはずです。

言った言葉は違ってもニュアンス的にはこんな感じ。

僕「えー?うーんとぉ・・・先輩のお姉さんの同級生がその事故に遭った女の人だった、とかですか?」

先「うーん、近いけど違う。」

僕「うーん・・・その人は実は先輩のお姉さん本人であった。」

先「近いけどちゃうなあ」

僕「えー。うーん、他なあ・・・
あ、先輩の彼女の知り合いがその人だった、とかですか?」

先「結構近い。」

僕は内心思っていたのです。

なんで、これが近いになるんだろ?

僕「うーん、ちょっとわかりません。
誰ですか?」

先「実はその人は俺の彼女。」

は?

なんだって?

俺の彼女?

はああああああああああ?

意味わかんねえよ・・・

僕「へ?は?え?」

先「まあ、そゆこと。
今日の定演に来てて、お前を見たときに、あのときの○○○君だ〜って分かったらしい。」

もうね、僕は世間はこんなにも狭いのかと思った。まず。

で、その後、人生ハードモードであることを自覚した。

そして、知らないほうが幸せな事実がこの世の中には存在する、ということを知った。

俺の心に吹いた春風は、心の春はもとい、夏も、秋も吹き飛ばしてしまったようだ。

また、冬がきた。

はあ。

俺はどうすりゃいいんだよ、この先。

心の支えが無くなりかけてるぜ・・・

等身大抱き枕ほしいよ。