読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Suima's Racing Team

0.1秒の積み重ねが日々を作る

二十歳。雑記

日記

とりあえず。20歳になったし記念のエントリー。

 

どうも~。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

とりあえずSNSにお酒の画像を上げる悦びを知りました。

それ自体がおいしい・まずいに関わらず、アップロードしたところでお縄にならないっていう、そういう解放感が大きいかなあって。

そんなことはどうでもよくって。

 

最近、真面目に、ある意味遊びで服とか選ぶ機会を持って、それで多少なりと身なりは大学生らしく整えておくのも必要だったって、入学して2年目の秋に気付いた。

大学に入って半年たったころから、「パパ」とかいうあだ名が本格的に浸透し始めて、結構長い間はその理由もよく分からんかった。

でも、今年の秋学期始まる前に、今まで持ってた冬服のうち95%くらいを捨てて、新調したものと入れ替えたところ、「パパが大学生になってる!」とかいうお褒め?のような言葉をいただきまして、たぶん、「パパ」っていうあだ名が意味してたところは、「たいしてファッションに興味がない人」ってところだったんだろうね。

多少空が高くなってきたかなっていう時期になって、同時に買ってたジャケットを解禁したら、一気に「パパ」と呼ばれることは減りましたね。

それどころか、クラブの女性陣からの反応も幾分変わったような気もせんでもない(童貞並の感想)。

 

だけど、自分の身なりの改善をするのに遅すぎるってことはなくて、いつ始めても次会う時に与える印象は変えることができる。むかし、ココ・シャネルが「いい第一印象を作る機会は二度とないわ」とか言ってたらしいけど、そんなことにめげてる場合じゃなかった(笑)

誕生日の次の日には一緒に飲んでた女性にダメ出しくらって、そのあと一緒に買い物までする展開があるとは、きっと夏休みが始まるまでの自分は何にも考えてなかったに違いない。前のエントリーで夏休みの真ん中で一切友達と会わなかったって書いたけど、さすがに40日間も会わないと自分の思考も変わってくるらしいね。

 

今、高校時代の自分に何か言うなら、

・中高6年間で会話する女性は両手の指の数もいかないけど、大学に入ったらむしろ女子の知り合いばっかりになるから

・だから無駄なあがきはやめて、おとなしくギャルゲとポケモンやってろ!!!

ってことやろうな

 

まあ未だに童貞だけどね(笑)それは「能ある鷹は爪隠す」ってことでいいでしょ。

Google先生でお酒について聞くと、大半は禁酒成功とか、禁酒してよかった!みたいなエントリーが並んでたや。でも、お酒飲みながら話すことを知っちゃったらシラフでの食事会なんてやってらんねえよ。

自分もそうだし、少人数の飲み会誘って来る人は大半がそうだと思うけど、多少回ってるほうが饒舌になるし、次会う時の印象もいろいろ変わるってもんよ。

アルコールハラスメント、通称アルハラ、が言葉として流行し始めたころなんじゃないかな、飲みニケーションとか言い出したのは。バレンタインデーを広めたのはチョコレート会社だったように、飲みニケーションを言い出したのも飲料メーカーだったらおもしろいんだけど。

 

そもそも女の子一人誘うにも、身だしなみとかお店の下調べとかなんだかんだやることあるってのを最近になって知った。クラブの皆さんは、もう少し私が慣れるまでは、なんとも不慣れで下手くそな会話にお付き合いください。
まあここ読んでないと思うけど・・・

中学2年の時にやってたことの延長線で今のクラブに入部したわけだけども、結果から見ればそれ以外のポイントで大正解だと思う。だって世の中の半分は女性なんだもの。そんな誰でもわかることを、Twitterの男子高出身フォロワー、すなわち同じような境遇にいる人のつぶやきで気付いた程度には何も考えてなかったからね~~

 

なんにせよ、大学になって周りにいる人たちが180度変わったのは事実で、それは単純に人脈が増えた!みたいなことには留まらず、自分自身の変化に繋がったっていうのはすごい大きな発見だわ。

まわりに誘える女の子がいるから、どうにか気を引きたいと考え始めた。
そしたら自分自身に無理をさせなくても、自分が勝手に動き始めたよね。

美容院に行ってみたり、ユニクロ以外のアパレルショップ行ってみたりとか・・・

人が変わっていくのを見るのも嫌いじゃないんだけど、逆に自分自身が急激に変わっていると、自分を見るのも楽しくなってきたかも。

あ~行数も伸びてきて何書いてるのかもわかんなくなってきた~

またね!